>  通知ログ

通知ログ

検索条件「期間」「通知種類」や「通知先種別」指定して検索することで、「管理者・スタッフへコールした件数は?」「このお知らせは、誰に送信した?」などを確認する場合にご利用いただけます。

 

通知ログ

 

ID ログ記録時に自動で割り振られる連番です。
日報ID スタッフが入力する日報のID番号が表示されます。
通知方法 通知方法を表示します。
通知日時 メッセージを送信した または コールした 日時が表示されます。
通知先種別 通知先種別(スタッフ宛、オペレータ宛など)が表示されます。
通知先 通知先の詳細(スタッフ宛の場合:スタッフCDとスタッフ名、オペレータ宛の場合:オペレータCDとオペレータ名 など)が表示されます。
送信先 送信先の電話番号またはメールアドレスが表示されます。
テンプレート名 通知方法が「メール」または「お知らせ」の場合に、使用したメッセージのテンプレート名が表示されます。
メッセージ 通知方法が「メール」または「お知らせ」の場合に、送信した内容(件名と本文)が表示されます。
コール情報

通知方法が「TEL」の場合に、下記情報が表示されます。

受話確認 受話確認結果を表示します。
OK:発信先で人が受話した(「1、#」を押した)
NG:OK以外(受話しなかったか、「1、#」を押さなかった。)
レベル スタッフへのコールの場合は、1回目のコールか、2回目コールかを表します。
オペレータへのコールの場合は、スタッフが電話を取れなかった場合のLv1オペレータ宛か、Lv1オペレータが電話を取れなった場合のLv2オペレータへのコールかを表します。
入力値 本システムでは、スタッフが電話を取った場合に、「1、#」を押すことで、留守電や自動応答ではなく、人が受話した事を判別します。
スタッフがどの番号を押したかを表示します。(「1」が表示されている場合は、受話を確認した、と判断されます。)
発信結果 受話された場合は、「200」が表示されます(自動応答や留守電応答の可能性もあります。)。
(「200」の場合は1コール分の料金が発生いたします。)
「480」の場合は受話されなかった事を表します。

受話された場合は、「completed」が表示されます(自動応答や留守電応答の可能性もあります。)。
(「completed」の場合は1コール分の料金が発生いたします。)
「failed」の場合は受話されなかった事を表します。